Androidモバイルの例 - Sentryを使ったパフォーマンス問題のトラブルシューティング - メインスレッドでのファイルI/O問題 - Eコマースアプリの例 | Scribe

    Androidモバイルの例 - Sentryを使ったパフォーマンス問題のトラブルシューティング - メインスレッドでのファイルI/O問題 - Eコマースアプリの例

    • Jay Revels |
    • 0 steps |
    • 2 minutes
    **Androidベースのeコマースアプリのエンドユーザーが、アプリの起動の遅延に遭遇します。**
    **Sentryがアプリケーションのスロースタートを開発チームに通知します。本件はファイルI/Oメインスレッドの問題です。**
    **Sentryはスパンと操作の詳細をキャプチャし、それらの詳細に対していくつかのパターンマッチングを行い、アプリのパフォーマンスの問題を特定します。Sentryは、15種類のパフォーマンス問題を自動的に検出し、分類します。以下は、モバイルで一般的な例です。**
    **Sentyは、パフォーマンスの問題に関連する問題のある操作を表示します。ブレッドクラムを使用して、パフォーマンス問題に至るイベントのタイムラインを表示します。**
    **セントリーが特定した問題点だけでなく、イベント全体を見てみましょう。**
    **Sentryは、イベント内の全オペレーションのタイムスパンを含む、イベント全体のより深いウォーターフォールビューを表示します。**
    **Sentry上で、開発者が素早くトランザクションサマリービューを展開できます。**
    **Sentryは開発者に有益な洞察を提供しています。Sentryは "疑わしいスパン"(トランザクションで最も時間を消費したスパン)をハイライトします。**
    **Sentryは、パフォーマンス問題に関連する疑わしいタグ、つまり問題の特徴(デバイス、リリース、ユーザー、バージョン名)をハイライトします。**
    Was this Scribe helpful?
    Save this document for future reference.
    click-target-circles-background
    This Scribe is in tip-top shape!Leave feedback if there are any issues with this Scribe