Issueアラートのベストプラクティス - 重要なエラーを特定し、アラートノイズを低減 | Scribe

    Issueアラートのベストプラクティス - 重要なエラーを特定し、アラートノイズを低減

    • Jay Revels |
    • 0 steps |
    • 56 seconds
      [[左メニューのアラートに移動し、設定したアラート一覧を見ます。新しいアラートを作成するには、”Create Alert "をクリックします。]]
      [[ここではissueアラートを設定してみます。Sentryのけるissueとは、類似のスタックトレースを持つエラーをグループ化したものです。開発者のためにSentryはエラーを自動的にグループ化することで、データのノイズを減らします。]]
      [[ここで、どの環境か(本番環境、ステージング環境、テスト環境など)の選択を忘れないようにしましょう。デフォルトはすべての環境です。緊急度やエラー発生後のワークフローは、例えば本番環境のアラートとQA環境のアラートでは異なるため、このフィルタが役に立ちます。Sentryでは、プロジェクト毎にアラートを設定することもできます。]]
      [["When"条件(またはトリガー)を設定します。 "When "条件(またはトリガー)は、issueに対してどのような種類のアクティビティを監視するかを指定します。トリガーは任意です。トリガーを選択しない場合、"When"条件はデフォルトで満たされ、つまり、すべてのイベントがこの条件を満たすことになります。]]
      [[ノイズを減らすために、issueの頻度条件を設定します。アラートが増えすぎないように慎重に検討して設定しましょう。]]
      [["when"条件に加えてif条件を設定しノイズを制御]]
      [[トリガーの条件が満たされた場合、次のアクションを選択します。Slack、Discord、Pager Duty、Microsoft Teamsに通知を送る、またはJiraやAzure DevOpsに課題を作成することもできます。]]
      [[Slack通知:特定のSlackチャンネル、チームの特定のメンバーに通知を送ることができます。チーム内の誰にどのアラートを送るべきかを考え、ノイズを排除しましょう。]]
      [[通知をテストして動作することを確認。]]
      [[アラートプレビューでは、どのissueがアラートのトリガーとなるか確認できます。アラートに繋がるエラーの特徴が、実際に優先したいエラーと一致していることを確認してください。イベント量、ユーザー量、および課題の割り当て先が正しいかを確認しましょう。]]
      [[アラートには、影響を受けるチームやアラートのトピックなど、わかりやすい名前を付けましょう。例えば、"フロントエンドのレイテンシー"、"バックエンドの障害率 "など。その後、ルールを保存します。]]
      Was this Scribe helpful?
      Save this document for future reference.
      click-target-circles-background
      This Scribe is in tip-top shape!Leave feedback if there are any issues with this Scribe